慰謝料基準についての実例

慰謝料基準については、以下のように、通常、相手方(保険会社)の提示よりも、弁護士が「裁判基準」で解決する金額が高くなります。
とくに、後遺症の慰謝料については、以下の例のように、大きな差があります(後遺障害等級としてはもっとも軽度の14級においてさえ、以下のような大きな差があります)。

相手方提示額(任意保険基準)
解決額(裁判基準)
傷害慰謝料
    111万円
傷害慰謝料
    164万円

後遺障害慰謝料(14級)
     32万円
後遺障害慰謝料(14級)
    110万円
後遺障害慰謝料(11級)
    134万円
後遺障害慰謝料(11級)
    420万円
死亡慰謝料
   2000万円
死亡慰謝料
   2800万円

 

交通事故被害の慰謝料について 弁護士・奥田貫介がご説明します

関連ブログ記事

交通事故の「慰謝料」と「賠償金」(交通事故の法律ブログ) 

交通事故で人身被害に遭った場合、加害者に対し、賠償金(損害賠償金)を請求することになります。慰謝料とは、この賠償金のうち「精神的損害に対する賠償金」のことです。裁判などでは「精神的損害を慰謝するに足りる金額」などということがあります。つまり、怪我や後遺障害を負ったり、肉親を失ったりして「痛い思いをした、辛い思いをした」といった「精神的損害」に対する、「慰め、謝罪」の意味のお金です。

続きを読む

近親者の慰謝料

例えば、小さなお子様が交通事故に遭い、重大な障害が残ったような場合、ご両親も計り知れないショックを受け、今後の育児への不安が大きくなることもあるでしょう。このような精神的損害を受けた近親者の方も、慰謝料を受け取ることができる場合があります。近親者の範囲は、一般的には、父母、配偶者、子(またはこれと実質的に同視できる身分関係にある者)となります。

交通事故の「慰謝料

「慰謝料」は、一般的に「傷害慰謝料」と「後遺障害慰謝料」、「死亡慰謝料」(死亡事故の場合)に分けることができます。この記事ではそれぞれどのような慰謝料なのか、ご説明しております。

 

 ※お電話でのご相談はお受けできません、ご予約いただき、ご来所のうえご相談ください。