【動画】交通事故の刑事処分~被害者の立場から~

 人身事故の被害者となった場合、加害者の刑事手続には、どのように関与するのでしょうか。

 まず、事故の被害者も、警察官から、現場検証や事情聴取を受けます。このときの説明内容によっては、示談交渉が有利にも不利にもなってくるので、事故の状況をしっかりと説明しましょう。

 その後、加害者が正式に刑事裁判にかけられた場合には、多くの場合、被害者としても、刑事裁判に参加することができます。例えば、自動車運転過失致死傷罪などの被害者は、裁判所から許可されれば、刑事裁判に参加して、加害者を尋問したり、法廷で意見を述べることもできるのです。また、飲酒運転をはじめとする危険運転致死傷罪の被害者は、刑事裁判のなかで、損害賠償命令を求めることもできます。

 一方、刑事裁判に参加しない場合でも、被害者は、示談交渉などの目的で、刑事記録の一部を取得することができます。ここで、さきほどの現場検証などの記録の中に、自分に有利な内容が書かれていれば、示談交渉を有利に進めることもできるでしょう。

 このように、加害者の刑事処分は、被害者にとっても、今後のためにきちんとした対応が求められます。ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。