「自賠責保険」と「任意保険」

交通事故についての保険には、「自賠責保険」と「任意保険」があります。

簡単に説明すると次のとおりです。

 

自賠責保険

全ての自動車の所有者等に加入が義務づけられていますが、適用されるのは人身事故だけで、支払われる金額も傷害で120万円など限度額が決まっています。


任意保険

加入が義務付けられていない保険で、保険会社との契約によりさまざまな範囲の補償が認められます。

 

1.「自賠責保険」とは

 正式には「自動車損害賠償責任保険」といい、法律(自動車損害賠償保障法)によって全ての自動車の所有者等に加入が義務づけられている保険です(ただし、実際には加入手続きを怠ったまま、運転をして事故を起こす事例も散見されます。)。
 「自賠責保険」は、人身事故にだけ適用され、支払われる金額の限度額は、傷害で120万円、死亡に対しては3000万円、「後遺障害」に対しては4000万円と決まっています。
 「自賠責保険」から「後遺障害」に対して支払いを受けるには、「後遺障害等級認定」を受ける必要があります。


2.「任意保険」とは

 加入が義務付けられていない保険をいい、「自賠責保険」の限度額では補いきれない部分を補償するものです。
 被害者に対する人身事故や物損事故のほか、同乗者の損害に対する補償などさまざまな保険があります。また、”弁護士費用特約”など、様々な「特約」をオプション的に付加することができるものもあり、自らに合った補償内容を選択することができます。

 

比較


【加入】

自賠責保険 ・・・ 法律によって自動車の所有者等に義務づけられている

任意保険   ・・・ 任意

 

【目的】

自賠責保険 ・・・ 被害者の保護・最低限の補償

任意保険   ・・・ 自賠責保険の不足分を補う

 

【賠償範囲】

自賠責保険 ・・・ 人身事故のみ (傷害120万円まで、後遺障害4000万円まで、死亡3000万円まで)
任意保険   ・・・ 加入する保険の補償内容により異なる



 

 交通事故による損害は、加害者の行為と因果関係があれば、被害者の過失を相殺した上で、全額の支払いを請求できます。加害者が任意保険に加入していない場合や任意保険の範囲を超える損害が生じた場合、加害者自身が支払わなければならないことになります。
 しかし、加害者が実際に支払うお金を持っていなければ、被害者自身が加入している保険を使うか、加害者と分割払いなどにより支払ってもらうなどの交渉をしなければなりません。
 交通事故の損害賠償についての交渉は専門知識が必要となりますので、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 自賠責保険の賠償範囲では補えないような交通事故は多く発生しています。自動車を所有する以上、交通事故は決して他人事ではありません。任意保険には加入しておくことを強くお勧めします!!