駐車場内での事故について

今回は、駐車場での事故についてお話します。

 

私たちの法律相談の中では、駐車場での事故についても多くの相談が寄せられています。ある保険会社の統計によると、車両事故の30%は駐車場で発生しているとのことです。

 

そして、そのような駐車場での事故については、どちらが加害者なのか、つまり、事故の責任がどちらにあるのかのトラブルが多くあります。なぜそのようなトラブルが起きるのでしょうか。

私たちが道路を運転する時には、やるべきことや、やってはいけないことなどが道路交通法によって決められています。そのため、例えば、赤信号を無視した人には多くの責任が課されることになります。

 

ところが、そのような道路交通法の規制は、駐車場での運転については、必ずしも及ばないのです。そのため、保険会社や法律家の中には、駐車場での事故については、責任はお互い様という考えをとる人もいます。

 

しかし、一口に駐車場といっても、状況によっては道路交通法の規制が及ぶ場合もあります。また、たとえ、道路交通法の規制が及ばない駐車場であっても、道路上での事故を参考にして責任を考えるという裁判官もいます。

 

このように、駐車場での事故については、責任の考え方が確立していないため、難しいのです。駐車場での事故についても、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。