損害賠償の計算方法

損害賠償として請求できるお金の種類

事故による治療が終わる(症状固定または治癒)と、相手方(保険会社など)から「損害賠償額のご案内」などという題の書面が来ます。そこには、次のような損害費目と、それぞれに金額などが書かれてあります。以下、代表的な損害費目について、その内容を簡単にご説明します。

1.治療費
病院、整骨院代などです。
気になる病院費用について(交通事故の法律ブログ)

交通事故の被害者の方にとって、まず最初に気になる問題のひとつに治療費や入院費用の負担があるのではないでしょうか。続きを読む

2.通院交通費
通院のためにかかった交通費です。

3.入院雑費
入院中は、自宅での生活とちがい、なにかと余分なお金がかかります。その賠償として、1日1500円程度が認められます。

4.休業損害
怪我によって仕事を休んだ分の賠償です。主婦でも認められます。

休業損害について(交通事故の法律ブログ)

専業主婦の休業損害(交通事故の法律ブログ)

5.傷害慰謝料
怪我によって痛い思いをした、入通院によって煩わしい思いをしたという精神的損害に対する賠償です。入通院期間等によって一定の基準があります。

傷害(入通院)慰謝料(交通事故の法律ブログ)

6.逸失利益
後遺症によって、この先、収入が減少することに対する賠償です。減少率については、後遺症の等級等によって、基準があります。


逸失利益について(交通事故の法律ブログ)

人身事故の損害賠償では、慰謝料と並んで高額になるのが「逸失利益」(いっしつりえき)です。

これは、「将来稼げたはずのお金が、事故によって稼げなくなった」という損害であり、後遺障害や死亡の場合に発生する損害です。続きを読む

 



7.後遺障害慰謝料
後遺症を負ったことによる精神的損害に対する賠償です。後遺症の等級によって、基準があります。

8.その他、重篤な傷害、後遺障害の場合には、介護費、将来の介護費等が、死亡の場合は、死亡慰謝料、死亡逸失利益、葬祭費等があります。

9.過失相殺
これは損害費目ではありませんが、上記のような損害費目を合計した金額から、被害者の過失相殺率に従った金額が差し引かれます。

10.既払い金
すでに相手方(保険会社)が支払済の金額です。治療費などが支払済であることが多いでしょう。上記1~9で計算された金額からこの既払い金の額が差し引かれます。

 

※お電話でのご相談はお受けできません。ご予約いただき、ご来所のうえご相談ください。