後遺障害-後遺症

交通事故人身損害の後遺障害(後遺症)に関する賠償

1.後遺症(後遺障害)とは

交通事故でケガ(傷病)を負った場合、必ずしも治療によって完治するとはかぎりません。 ケガによる症状が残存しているにもかかわらず、もはや治療を継続しても症状の改善が見込まれないこともあります。
このように、これ以上治療を継続しても治療効果は上がらないような心身の障害を、後遺症(後遺障害)といいます。(なお、このように、治療を継続しても治療効果は上がらないと判断された日のことを「症状固定日」といいます。)

 

後遺障害(後遺症)について(交通事故の法律ブログ)

後遺症の等級の認定は誰がするの?(交通事故の法律ブログ)

症状固定と言われたら(交通事故の法律ブログ)

2.後遺症(後遺障害)への損害賠償

1) 後遺障害慰謝料

後遺症はもはや回復が見込めないため、被害者は、その後の人生において、痛み、外見の変化、生活への影響などから逃れることはできません。そのため、そのような精神的苦痛は、後遺障害慰謝料として損害賠償に含まれます。

被害者が受けるさまざまな苦しみは必ずしもお金に換算できるものではありませんが、できるかぎり客観的で明確な基準によって賠償を実現するために、金銭賠償とされているのです。

ただし、後遺症のなかには、被害者の苦しみが加害者や第三者に十分に伝わらないものもあり(高次脳機能障害、RSD、むち打ちなど、詳しくは各項目をご覧ください。)、これらの後遺症は、示談や裁判の際に大きな問題となっています。

2) 逸失利益

さらに、後遺症が残ることで、事故以前のように十分な労働能力が発揮できず、仕事や家事のパフォーマンスが低下することも考えられます。このような労働能力の低下についても、逸失利益として損害賠償に含まれます。 

逸失利益については、会社勤めの方の給料の減額分などが分かりやすいですが、自営業者や主婦や学生についても認められますし、失業者であっても認められる場合もあります。

【動画でご説明】交通事故で後遺症(後遺障害)が残った場合の賠償金の請求手順

3.後遺障害等級の考え方

1) 後遺障害等級とは

このように、交通事故の被害者に後遺症が残った場合には、それによる苦痛や労働能力の低下について、損害賠償がなされます。
ただし、被害者が受ける苦痛や労働能力の低下は、後遺症の程度によってさまざまです。そのため、損害賠償額の判断にあたっては、後遺症の程度について、後遺障害等級として分類されています。
後遺障害等級の分類については、こちらをご参照ください。

2) 同一の後遺障害等級でもさまざまな扱い

この後遺障害等級は、自賠責保険だけでなく、労災保険などの各種保険の適用の際や、裁判でも用いられます。ところが、同じ等級であっても、裁判で目安とされる賠償額(裁判基準)と自賠責保険の保険金額(自賠責基準)とは異なっており、さらに、公表はされていませんが任意保険の基準もあるようです。一般に、自賠責基準、任意保険基準は裁判基準よりも低額になります。

そのため、保険会社が提示する賠償額よりも、弁護士に依頼したり、裁判による方が勝ち取れる賠償額のほうが高額になる場合が多くあります。 
たとえば、後遺障害慰謝料については、自賠責保険の保険金の目安(自賠責基準)と、裁判で用いられる賠償額の目安(裁判基準)とでは、以下のような金額の違いがあります。

後遺障害等級
自賠責基準
裁判基準
1級
1100万円
2800万円
2級
958万円
2400万円
3級 829万円 2000万円
4級 712万円 1700万円
5級 599万円 1440万円
6級 498万円 1220万円
7級 409万円 1030万円
8級 324万円 830万円
9級 245万円 670万円
10級 187万円 530万円
11級 135万円 400万円
12級 93万円 280万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

※ 平成20年1月1日現在。自賠施行令別表第二と裁判基準との比較

※お電話でのご相談はお受けできません。ご予約のうえ、ご来所いただきご相談ください。